今よりもっと成長するために! スキルを磨き、現場で活躍するために必要なことを話します。

看護師がもっと活躍するために必要なこと

医療現場で活躍する専門家には、医師や看護師がおり、共に医療サービスを提供する仕事に携わっています。しかし、許されている医療行為には違いがあり、医師は幅広い医療行為ができる一方で、看護の資格者ができる医療行為には制限があります。そのため、看護スタッフの権限を拡大する動きが行政にあり、研修を修了すれば特定の行為が看護師でも行える制度が設けられました。

患者にケアが必要な時、これまでは医師がいなければできなかったことが、看護スタッフでもできるようになるのはメリットが大きく、スキルアップのため研修を受ける価値は十分にあります。しかし、看護スタッフがスキルアップの機会に挑戦できないこともよくあり、その理由の一つに仕事の忙しさが挙げられています。普段の看護業務が忙しいことから、勉強の機会が得られないというケースはどこの医療機関でも往々にしてあります。ですから、看護スタッフの権限を拡大する仕組みがあったとしても、仕事が忙しいという問題があると意味を成さないのです。

そこで、看護師が医療現場で必要とされる時にスキルを発揮できるよう、職場全体で支援する動きが必要です。看護スタッフのスキル向上を狙い、病院やクリニックでサポートをする制度を取り入れるようにすると、新たなスキルを身に付ける機会が得られます。これは、患者にとっても、医療施設で働くスタッフの能力アップや権限拡大により、さらに充実した医療サービスが受けられるメリットになるため、看護スタッフが研修に参加できる機会を増やすことに期待したいものです。