今よりもっと成長するために! スキルを磨き、現場で活躍するために必要なことを話します。

スキルアップ研修の具体例

看護技術が仕事で問われる看護師にとって、スキルアップは看護の最前線で活躍し続けるための重要なテーマです。そこで、仕事の合間を活用し、何らかのスキルアップの手段に取り組む必要があります。病院のような医療施設で勤務している場合、職場で研修を受ける機会があるので、スキル向上に活かせます。どのような頻度で実施されるかは勤務する職場によって大きく異なるため、就職先を探す際には、勤務先の研修制度について調べてみることをオススメします。

研修は、新人スタッフに対して行われるもののほか、中途採用者やあるいはキャリアのある看護師を対象としたものもあります。さらに医療施設によっては、海外研修を実施している例もあり、そういう環境で働けるようになるとスキルアップが期待できます。海外の医療現場で高度な看護技術を学ぶチャンスがあれば、看護技術のアップは目覚ましいものになるでしょう。ただし、スキル向上のサポートが手厚い職場は、就職時に競争率が高い事情があります。そのため、研修制度の充実した職場に務めるためには、まず採用試験が大きなハードルになります。

また、その一方で現在の職場がスキル向上のサポートに積極的でない場合は、自主的に他の方法でスキルを高める必要があります。勤務先以外にも看護師に向けて技術指導を行っている場所はあるため、探してみると良いでしょう。その場合、参加するため別途費用がかかることがありますので、自費で研修を受ける場合は入念にリサーチをする必要があります。