今よりもっと成長するために! スキルを磨き、現場で活躍するために必要なことを話します。

中堅看護師にも研修は必要!

新人の看護師は早く仕事のノウハウを覚えるため、研修での勉強に力を入れる必要があります。しかし、新人の看護師だけがこのように勉強に対して熱心というわけではありません。スキルアップは新人のみならず中堅の看護師に対しても求められるものであり、ある程度の看護経験があって、これまで培ってきたスキルを持っていたとしても、より高度な医療サービスを医療施設の利用者に提供するためには、さらなる成長が求められます。

そのため中堅看護師は、レベルに合った難易度の指導を改めて受けて、必要な能力アップを目指さなければなりません。一定水準以上の高い看護技能を持った人向けの指導を受けてみると、まだスキルを向上させる余地が残されており、今後も勉強が必要であることを実感することでしょう。学習の機会を得てスキルを向上させることができると、これまで以上に高度な医療サービスを提供することができます。また、中堅になれば新人を指導したり、リーダーとしてスタッフの上に立つ事が多くなるため、管理スキルをアップさせる研修も役立ちます。

医療の仕事に関しては自信があるものの、人の先頭に立つのが苦手という中堅看護師は少なくありません。しかし、そのような苦手意識を持っていると、これからのキャリアアップに支障をきたしかねません。ですから、たとえキャリアがある場合でも、看護師が苦手意識を克服する手段として、研修は必要なのです。